« 上を向いて歩こう | トップページ | 届いたね、きっと »

2011年3月24日

今度は主演で、かな?

先週お休みだったストスマですが、音源を頂いたので3/14分の映画賞についてお話を記念に文字にしておこうと思います。

だけど、毎日映画コンクールの表彰式の会場にも、地震で天井が落下というかなりの被害が出て、その無残な姿になんか悲しかった。

(ハガキ)
吾郎くん、こんばんは。
日刊スポーツ映画助演男優賞、毎日映画コンクール男優助演賞受賞おめでとうございます。ファンとしても、とても誇りに思っています。毎日映画コンクールでは、会場で間近に吾郎くんの晴れ姿を見ることができてとても感動しました。

というお便りなんですけれど、ありがとうございます。
そうですね、毎日コンクールにファンの方が入っていましたね。はい。
ま、今回ね「十三人の刺客」の映画で二つもこういった賞を受賞することができて、ねぇ、とても感激したというか。なんか、あのぉ、僕は今まであまりこういった賞みたいなものとは無縁にやってきたというか、あまりそういったもの頂いたことがなかったので、やっぱり、ね、素直に嬉しいですよね。うん。
それだけでまぁリアクションと人の評価を頂いたということですし。うーん。特にあの映画に関しては、とても手ごたえがあったのでね、うん。
ま、それが、やっぱり形としてこう、表彰されるとやっぱり本当に嬉しいですし、うん。ま、本当にそれはもうこの映画に携わったスタッフの方、共演者の皆さま、観に来て下さったお客さんのホントにお陰だなと、改めて感謝しなければな、という気持ちでいっぱいだったですけれどもね。
まぁね、何が起きるか分かんないですよね。この映画撮る時にねぇ、逆にこんななんか悪役をやって大丈夫かなみたいな気持ちでねスタートしたりとか、まぁ、絶対になんか人に評価され、この映画は絶対にヒットして、絶対賞賛があるだろうみたいな感じで決してやったものではなかったのでねぇ。やっぱり、地道にこう、目の前のことをホントに1こ1こ頑張っていれば、なんとかそうやってご褒美がついてくるのかなぁ、なんて思いましたね。うん。
で、まぁ、あとはこの映画賞ってなんかホントにすごく、ねぇ、うーん、なんか格式が高いというか、うーん、由緒ある映画賞なんでね、両方とも。会場の雰囲気なんかも、今までこう、味わったことのないような感じだったんですけれども。
あとは、ホントに、なかなかお会いすること、機会のない監督さんであったりとか、関係者、スタッフさんであったり、俳優さん、女優さんであったり、そういった方と結構お話することができて、そう面白かったですね。
毎日映画コンクールなんかではねぇ、横に寺島しのぶさんが座っていらしてねぇ。うん。なかなか、お仕事とかないじゃないですか。テレビもそんなに出られる方ではないので。でも女優さんとしてはすごく僕も気になって、魅かれるものがあったので、なんかお話ができてすごく嬉しかったですね。うーん。堤さんなんかともお話ができたりとか、すごくいい時間を過ごせましたね。はい。
テレビのイメージが僕らSMAPすごく思うんですけれども、映画の方にもちゃんと力を入れて、ね、こう色んな自分たちを、こう表現して、観てもらいたいなぁと思っておりまーす。

♪愛や恋や

|

« 上を向いて歩こう | トップページ | 届いたね、きっと »

コメント

よしさん、有難う御座いました。
吾郎さんが本当に喜んでいる様子が手に取る様に解かって、嬉しかったです。

地道に一つ一つ・・・吾郎さんらしい!!
吾郎さんの魅力!?・・素晴らしいでしょう!
一般の方々にも浸透したので何よりでした。

投稿: ジャック | 2011年3月24日 23:30

cloverジャックさん、いえいえどういたしまして。
残念ながら丸っとお休みだったので、せっかくだから上げてみました。

毎日の表彰式はホント嬉しそうでしたよね。
そうそう、役者として吾郎のファンになったってかたもいたようですし、嬉しいですね。
今後の役者吾郎がまた楽しみでなりません。またスクリーンで観たいですね。

投稿: よし | 2011年3月26日 03:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102338/51201271

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は主演で、かな?:

« 上を向いて歩こう | トップページ | 届いたね、きっと »