« な~るほろ | トップページ | ワケワカメ »

2011年5月29日

殿がやってきた!

上演前の楽屋・・・
「おっはよー!」
「おー!慎吾!来てくれたんだ!」
「そう、やっと来れた。もう今日しかないんだ」
「そっか、ありがとね」
「剛もこの前来てくれたんだ」
「うん、知ってるー。だから僕も早く見たくてさ。なんかすっごく面白いんだって?楽しませてもらうよ」
「寝るなよ!」
「寝ない寝ない・・・眠いけど。じゃまたあとでね。頑張って」
「おう!」

終演後の楽屋・・・
「吾郎ちゃん、お疲れー!いやー面白かったぁ!ハマってた。サスガ吾郎ちゃんだね」
「ありがとー」
「でさ、あの時寝てた人は誰?」
「もう一人のオレ」
「「ははは」」
「なんか元気でた!よーし!」
「今日このあとは?・・・あ、スマステかぁ。残念!たまにはご飯でもと思ったんだけど、また今度な」
「そうだね。その時はつよぽんも誘おうか?」
「いや、二人だけで」
「それはちょっと・・・」
「なんだよっ!」

と、こんな会話があったかどうかは分かりませんが、「慎吾観に来るなら土曜日なんじゃない?でも夜は厳しいよね」などと、金曜日一緒に観に行ったゴロ友さんと話したらホントにそうなってちょっとビックリ。
慎吾、ありがと。

そうかと思えば、早々に観に来た剛は、「ゴロウ・デラックス」もお気に入りとな(@久々に更新のJwebBLOG)
ということは、西村さんの回と宋先生の回も見たということで(それ限定?)、色んな意味で男前だった吾郎をどう思ったのか聞いてみたいやね~。すごいよ、ゴロさん!とか?
今後ともご贔屓に。なんだったら、YOU出ちゃいなよ(笑)

さてさて、金曜日「ぼっちゃま」観劇しまして、ちょっと中だるみ?な感も無きにしも非ずでしたが、相変わらずテンション高いです。千代さん、けんちゃんのちょっとした芝居が段々パワーアップしてますね。
ぼっちゃまは、もう最初から髪の毛のクルクル度がハンパないことになってまふ。後ろなんて特に。今日も雨だったし相当クルクル増だったんじゃなかろうか。
言い間違いがあったけど、すぐ気付いて言いなおしてた。キュウリでむせるぼっちゃま。食べながら喋るのは難しいよね。
榊原さんも言い間違っちゃったけど、それで笑いを取ってた。サスガだわ。でも少しのどがお疲れのご様子ですね。
3回目のカテコ、恒例になってきた吾郎のお言葉。
「傘持ってない人多いと思いますけどぉ、雨振ってるんで気をつけてお帰り下さい。ありがとうございました」

吾郎が喋りだそうとすると、途端にし~んとなる客席が好き(笑)
あ、そうそう、「魔法の万年筆」でエルバンだった、小林さんがいらしてました。


で、帰ってきたら殿が~!お久ぶり~!まずはメイキングから。
狂気の殿だけど、演じてない時はやっぱり吾郎なんだな~とか(意味分かる?)
嬉しいナレーションの数々で、ホント嬉しい。
谷村さんとのシーンのカット後、「あ~ごめん」「痛いね」と、優しく気遣う殿、いや吾郎(萌)
ラストシーン、この時泥が目に入ったかな?血、泥だらけでもカッコいいですぅ!
「又機会があれば・・・殿復活編とか」と監督。期待しちゃうぞ。でも、殿は首はねられて死んだんですけどー(笑)
って、メイキングだけ何回みるやらsmile

で、初日舞台挨拶、ヴェネチア映画祭に吾郎いたらよかったなぁ~と、つくづく。

でもって、小林さん見たら・・・久々に引っ張り出してみた。

110528_211801 ワタシの吾郎舞台歴。

下宿人以前のを観てないのが今となってはつくづく残念。

|

« な~るほろ | トップページ | ワケワカメ »

コメント

ネットではものすごーーーーくご無沙汰しておりますsweat01

21日に娘と2回目の観劇をしてきました。
この日娘はたまたま学校が休みじゃなかったのに、「一回くらいずる休みしちゃいな!」って言って連れて行きました。

私ってダメ母??(笑)

でも吾郎ちゃんの演技は演劇部の娘にはいい勉強になったと勝手に思ってますsmile

殿のDVD発売されましたねwink

でも・・・
私はあの映画が恐ろしくて、どうしてももう一度見る気になれないのです。
なので吾郎ちゃんが出てるDVDなのに、購入を見送りました。

きっとメイキングは見ごたえあるんだろうな~と思いつつ、皆さんの感想を読ませていただいて、満足してるというsweat02

ずっと悪役って願ってたのに、ぼっちゃまのような、安心できる役の方が好きだって気づかされてしまった私なのでした~

投稿: nanami | 2011年5月30日 19:11

よしさん、
舞台行ってきましたよぉ

娘も、大笑いしていました。一応演劇部の娘は「凄い声が通るんだね」と驚いていました。

軽妙なテンポの掛け合いや、古いギャグ、ほんとにどれも温かくて、最後は、ホロッとしてしまいました。結末も大好きです。

ゴロちゃんが登場したときは思わず「キャァー」と小さな悲鳴が上がりそうになり思わずハンカチで口を押さえ事なきを得ました。bleah
それにしてもゴロちゃんの激しいのに滑らかな動き(きゃあ、なんか妙な表現coldsweats01)に悶絶・・!
あの白い着物は良いわぁー
なんか、ライブでもあの5人を見てその一人ひとりの煌きを実感はしていたのですが、
今回はホンとにゴロちゃんの圧倒的な存在感を感じました。白石さんとのバランスも良かった。

カテコは3回。最後の言葉にちょっと詰まって考えて「さようなら」と一言だけ。
観客の笑いがおきました。

投稿: sachiko | 2011年5月30日 20:56

clovernanamiさん、こちらこそご無沙汰です~sweat01

>私ってダメ母??(笑)

いえいえ、とってもステキです!(笑)

吾郎ちゃんとその仲間達ですもの、とっても勉強になったと思いますわん。ヲタ目線でなければ(爆)

そうですかぁ・・・ダメなんですね、殿は。
そうですよね、あのテの映画は苦手な人もいるでしょうね。
でも、メイキングを含め特典映像なら、舞台挨拶にインタビューだから大丈夫とおもうけど、ま、こればっかりはしょうがないやね。
悪役でも色んなタイプがあるし・・・次のドラマで暴走できますように(え?)


cloversachikoさん、良かったでしょ!娘さんも楽しまれたようで何よりです。
何回観ても笑える、そんな舞台だと思います。

私も初日は、登場した時「きゃぁ~!」と出そうでしたよ。なんせスタイルいいし、着物がみょ~に色っぽいし、それでいて可愛いってね~。
ホント舞台上の吾郎は格別です。SMAPのといういより、役者稲垣なんですよね。でもカテコでは吾郎ちゃんになっちゃうんですよね。そこがまた可愛いくってぇ・・・ホントどーしましょ(笑)

投稿: よし | 2011年6月 2日 04:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102338/51795221

この記事へのトラックバック一覧です: 殿がやってきた!:

« な~るほろ | トップページ | ワケワカメ »